仲川翔と愉快な仲間達

RMU所属麻雀プロ、実戦派研究会赤翔塾会長、
麻雀サークルFree Style顧問、法政大学麻雀同好会初代会長である仲川翔と、
その仲間達のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
いい瞬間見よう

先週のリーグ戦最終節は、
結果から言えば、狙い通りR1に残留することが出来た。

本音を言うと、「もんすげー安心した」。
自分のポイントは▲25.9という降級もあり得る所で、
北島・谷井・山田という上位陣が相手。
ボッコボコにされる可能性があっただけに、
正直胸を撫で下ろしている。
借金を返済し、選手ポイントが貰える5位にまで上がったし。

本当はクライマックスリーグに勝ち上がれなかった事を
反省しなければならないんだけどね…。


ま、それはさておき。
いよいよ明日、ネプチューンカップが行われる。
本年度最後のワンデーカップであり、
ファイナルへ進出する最後のチャンスだ。

何度か触れているが、自分のトライアルポイントは9点で、現在15位。
最低でも準決勝に食い込んで、
ファイナル進出枠の12位内に滑り込みたい。

明日はわざわざ会場へ足を運んで観戦に来てくれる人もいるので、
気合い入れて戦ってこようかと思う。
リーグ戦同様、狙い通り事が運べばいいな。


ふんわり戦ってきます。



ハアッ!

デラックス!!

↑気合いを入れる掛け声



| 仲川 翔 | ひとりごと | 02:43 | comments(3) | trackbacks(0) | -
クラウン決勝

白石君が、今年のクラウン決勝に残った。

彼とはもう4年以上の付き合いになるか。
僕の主催した第2回赤龍戦に参加し、
挨拶に来てくれたのが、確か初めての出会いだったと思う。

第一印象は、「何か六筒みたいな体型してる子だなぁ」って感じ。
その頃から体重は3ケタを超えていて、
巨漢でよく喋る子、というイメージだった。

彼は元々、法大の麻雀同好会出身。
そのような繋がりもあり、知り合ってから今まで、
公私に渡ってチョイチョイお節介をやいてきた。
自分にとっては、
「仲川さんがいたからRMUに入ったんですよ」とまで言ってくれる、
可愛い後輩の1人だ。
それが本音かどうか知らないけど(笑)。

今でも彼と電話でよく話すのだが、やはり会話は止まらない。
麻雀の話、プロ像の話、猥談など、
1時間を越える長電話になる事もザラだったりする。



そんなアイツが、クラウンの決勝ですよ。
先輩として先を越された感が強いものの(僕は昨年のベスト8が最高)、
折角なので勝ち切ってほしいという気持ちが強い。個人的には。

しかしながら、同じく決勝に残った平山さんにも昔から
メチャメチャお世話になってるので、応援は半分半分のつもり。

ただ、白石君が優勝したら
歌舞伎町の『焼肉小倉優子』をご馳走してもらう約束をしたので、
ハナ差で白石頑張れの気持ちが強いかな(笑)。



まぁいずれにせよ、明日のクラウン決勝は観戦に行く予定。
自分の負けた第4期クラウンという舞台の最終戦で、
どういった闘牌が行われるか、目に焼き付けてこようかと思う。

試合翌日の夜に掛かってくるであろう電話で、
優勝自慢される事を祈っておこう。



ん、俺のクラウン成績はどうだったかって?

予選でコロ負けりんこだったよ!!



| 仲川 翔 | ひとりごと | 15:13 | comments(5) | trackbacks(0) | -
一夜過ぎて

…とまぁ、そんなわけで。
僕のネトマリーグ第2期は、準優勝という形で幕を閉じた。



決勝戦を振り返ってみると、
メンツ4人の中で最も牌の巡りが良かったのは、自分だった。
固まってドラが来る事はそんなに無かったが、
要所要所で好配牌、良ツモを貰い受けていたと思う。

それでも優勝する事が出来なかったのは、単純に自分が弱かったから。

隣の牌をクリックしてしまうという単純ミス。
制限時間切れによるツモ切り。
数々の甘い打牌選択。
そして、誘惑に負けてのユルい放銃…。

悔やむ局面を挙げれば、本当にキリが無いくらいだ。
割と本気で、昨日に戻りたい。
うまく打ち回していれば勝てていた試合を、
自分の下手クソ加減で落としてしまった。
いちプレイヤーとして、なんと情けない事か。

勝つにしろ負けるにしろ、良い譜を残す。
それが麻雀プロを名乗る者の役割である筈なのに、
昨日の自分は出来ていなかった。



また、負けて何が辛いって、
時間を割いて応援に来てくれた人の期待に応えられなかった事。

決勝には、リーグ戦参加者だけでなく、友人が何人も観戦に来てくれた。
だが自分は、誰の目にもわかるミスを連発して惨敗してしまう。

決勝という舞台で、正直舞い上がっていたのは否めないが…。
本音を言わせてもらうと、今はただ、
崖から飛び降りたいくらいの申し訳なさで一杯だ。



しかし本当に飛び降りるわけにはいかない。
さらには、いつまでもグダグダ凹んでいるわけにもいかない。
これからの対局で活躍をし、
応援してくれた方々に詫びるという形を取る事にする。

幸か不幸か、今回の準優勝で自分に足りないものや弱点が明確にわかった。
ここには詳しく書かないけど。
それらを乗り越え今後さらに力をつけて、
より性的興奮させるような麻雀を打とうかと思う。



第3期こそ、取ったるぞ。


| 仲川 翔 | ひとりごと | 01:00 | comments(2) | trackbacks(0) | -
悲しいだけじゃ始まらないだろう

あの時、ああしていれば───。

麻雀を打つ者なら、誰しもそう思った事があるだろう。
と言うより、麻雀に限らず人間生きていれば皆似たような事を考えるか。
そしてもちろん、自分もそのクチに当てはまるわけで。

前期Rリーグが終了し、気付けばもう1週間以上経過したわけだが…。

もしミスなく打ち終えていれば、自分は優勝出来ていたのではないか。
少なくとも2位に食い込めていたのではないか。

そんな雑念が、未だに私の脳内をふわふわと泳ぎ回っている。

麻雀、どうやったって負ける牌の巡り合わせがあれば、
うまくすれば勝てていたというケースもある。
今回のRリーグの場合、私は後者に思えてならない。
2位の石川プロと40ポイント近く差があったとはいえ、
着順が1つしか離れていなかったからだ。

あの局で、あの牌を押していたら。
また、あそこであの牌さえ切らなければ。

こういう場であまり情けない事は言いたくはないのだが、
実はここ数日、そんな事ばかり頭に浮かんで
夢にまで出てきそうな勢いだったりする。
いや正直言うと、実際夢に出た。2回ほど。


まぁ、それはさておき。
勝負事に『たら・れば』は禁物だとよく言われているのは、
皆さんもよくご存じだろう。

しかしそれは、勝負中に限った話。
そう言うのもあくまで良いメンタリティを保つためであって、
試合が終わった後はその範疇に入らないと私は考えている。
戦いを振り返り、自身のミスを顧みて次にそうしないよう心掛けたり、
IFの展開を想像し、それからどう進んでいたか等、
色々と思考を深めていかなければ何事にも進歩が見えてこない筈だからだ。

とは言え、後悔と反省は似て非なるもの。
終わった事をいつまでもウダウダ悩んでいるのはただの後悔であって、
精神衛生上よろしくない。

ジュピターカップ、RMUクラウン、
後期Rリーグ開幕戦、そしてネトマリーグ最終節と決勝戦…。
これからしばらくの間、対局が毎週のように続く。
もうそろそろボルテージを上げて行かなければならないだろう。
反省するべき所は反省しつつ、気持ちを切り替えて前に進まないと、ね。

全試合勝ち切って、良い夢を見られるようになってやるぜっ。


と、言うわけで。
気持ちもあそこも上向きにして、諸々に臨もうかと思う。



…また下ネタで落とすのかよ。



| 仲川 翔 | ひとりごと | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
R1最終節についての雑感

次の日曜に、Rリーグの最終節が行われる。

今の自分にとってこの試合が一番大事にしたい対局なので、
ガツンと一発、ここらでどうにか好成績を残したい所なのだが…。

情けない事に、前節を終えての成績はご覧の通り。


【R1 第4節終了時】

1位 石川 泰之  +61.5
2位 江澤 陽一  +41.0
3位 山田 田   +34.9
4位 壽乃田 源人 +24.2
5位 飯島 健太郎 +7.2
6位 谷井 茂文  +0.5
7位 仲川 翔   ▲16.0
8位 佐竹 孝司  ▲36.5
9位 鈴木 智憲  ▲75.2
10位 仲大底 充  ▲141.6

※2位までクライマックスリーグの挑戦権を獲得


暫定7位。
何と言うか、非常に微妙な位置である。
頑張れば2位までには食い込めそうではあるが、
避けたい降級枠もすぐそこで待ち構えているといった具合だ。

首位まで約80ポイント。
現実的に不可能な数字ではない。
だがここぞとばかりに大振りな麻雀をして、もし素っ転んだりしたら、
R1とサヨナラしなければならないだろう。

残留すべく堅実な麻雀を打つか、それともあくまで上を目指すか。
ぶっちゃけた話、ちょっと悩ましい。
本来、自分の雀質は
『勝っても負けてもそんなにスコアの変動が大きくない薄味タイプ』
だと自覚しているので、
どういう心構えで最終節の開局に備えるべきか、
なおさら考えてしまうのだ。
R1在籍3期目で、もうそろそろ勝ちたいし…。

ただ、まぁ。
あまりウジウジと、雑念ばかりに囚われても仕方が無いのでね。

なんだかんだ言いつつも、やはり自然体で臨もうか、と改めて思った。
そうすれば、どのような顛末を迎えても後悔はしないだろう、と。

人事を尽くして天命を待つ、なんて大袈裟に言うつもりはない。
普段通りにやって、結果を楽しみに待つというだけの事である。


…てなわけで。
日曜は、いつもと同じように。
いやらしい事を考えながら、エロい待ちをこさえながら、
会場中の人を濡らすつもりで麻雀を打ってきたいと思う。

もし観戦に来られるという方がいたら、箱ティッシュを持参されたし。



■日時:9月5日(日)11時開始
■会場名:ばかんす
■最寄り駅:地下鉄東西線「神楽坂駅」1番出口を出て右へ行くとすぐ、
 1階が居酒屋「竹ちゃん」のビルの5階
■住所:東京都新宿区神楽坂6-38 神楽坂ビル5階
■電話:03-3268-5577


| 仲川 翔 | ひとりごと | 15:51 | comments(3) | trackbacks(0) | -
もうすぐクラウン

表題の通り、間も無く今年度もクラウンが開催されます。
正式には、『第4期RMUクラウン』ってヤツですか。





クラウンと言えば…。

今年1月に行われた第3期ベスト8で、古久根プロ、藤中プロ、そして
RMU長崎の岩村プロと戦って涙を飲んだのが記憶に新しい所であります。
いやー、ホント今思い出しても悔しい。
たまに夢に出るからね、あの対局。

つうわけで。
今年こそ王冠を授与されるよう、頑張りたいと思います。


でもまぁ、まずは予選突破が第一目標、か。
ふんばるぞ!


| 仲川 翔 | ひとりごと | 00:37 | comments(2) | trackbacks(0) | -
リーグ21第4節についてあれこれ

僕の主催する、ネット麻雀天鳳を使って行われるリーグ戦、
『第2期リーグ21』第4節の日程が決まったので、メモ書き代わりに。


A卓:堺、竹中、野崎、渡辺    23日 21:30
B卓:さくらい、綱川、深津、宮田 22日 22:30
C卓:安達、合田、仲川、長谷川  17日 24:00
D卓:飯島、小杉、萩原、雪森   23日 22:00
E卓:小倉、白石、壽乃田、仲大底 16日 22:00
F卓:深谷、藤中、堀江、宮本祐  18日 22:00


そして先日リーグレポートで書いたけど、
現在の得点と順位がざっとこんな感じ。


1 飯島 健太郎 +271.2
2 さくらい 良  +256.2
3 仲川 翔   +236.0
4 壽乃田 源人 +159.5
5 宮本 祐造  +101.8
6 小杉 正博  +91.5
7 堀江 貴太  ▲2.0
8 深津 海帆  ▲10.8
9 藤中 慎一郎 ▲16.4
10 仲大底 充  ▲17.2
11 白石 温郎  ▲18.9
12 竹中 誠   ▲27.3
13 安達 瑠理華 ▲31.1
14 綱川 隆晃  ▲41.5
15 宮田 信弥  ▲43.0
16 渡辺 卓也  ▲68.5
17 雪森 しずく ▲71.6
18 長谷川 玄  ▲85.3
19 深谷 祐二  ▲90.0
20 小倉 徳仁  ▲107.1
21 合田 雄亮  ▲115.2
22 野崎 記史  ▲116.9
23 堺 ちひろ  ▲199.4
24 萩原 亮   ▲211.2


ご覧の通りやや片寄った数字の並びになったわけですが…。
そんな今節、個人的に注目したいのはF卓。

現在5位につけ、どうにか浮いて決勝への椅子を手にしたい祐造君が、
藤中さん堀江さんという行く手を阻む各上選手にどう立ち向かうか。

また深谷君も、現在は▲90.0と沈んではいるものの、
次期Aリーグ入りとなる12位まではそんなに差があるわけではないので、
虎視眈眈と浮きを狙っているでしょう。

もちろん、藤中さん堀江さんというキャリアの長い打ち手が、
そんな若い力をどう跳ね返すかにも注目したい所。
2人のポイント的にも、可能性は全然あるわけですし。

いやさあ、自分は主催という立場なので、こういった事を書くのは
本来褒められた事ではないかもしれないのだけど。
古株VS若手という図式だと、
どうしても若手を応援したくなっちゃうんですよね。
新しい世代がベテランをなぎ倒すのって、見ていて痛快じゃないですか。


それはまぁ、さておき。
あとは個人の打ち手として、
白石君、竹中さん、安達さん、綱川さんの動向も気になるかな。

昇級ライン12位付近の選手が、
この第4節をどういった打ち回しで戦うか非常に気になる。
最終節が残っているとはいえ第4節は山場となりやすいトコなのでね、
彼らの麻雀をじっくり観戦して楽しみたいと思います。


とまあ。
そんな、超私的第4節の展望でした。


あ、それと最後に。
イケメンの飯島くんが首位なのは何かムカつくので、
500くらい沈んじゃえばいいと思います。

…ああ、自分で書いといて言うのもアレだけど、器の小ささが悲しい。



| 仲川 翔 | ひとりごと | 04:04 | comments(8) | trackbacks(0) | -
ツイッター

始めました。


http://twitter.com/Nakagawa_Shou


フォローしてね!!!


以上、取り急ぎ。


| 仲川 翔 | ひとりごと | 22:18 | comments(1) | trackbacks(0) | -
ハレンチなフットワークで
これから、試合が続きます。


まず、本日28日の夜22:00〜に急遽決まったのが、
リーグ21第2節、僕のいる卓ね。
相手はさくらいさん・白石くん・仲大底プロという、
これまた一筋縄では行かない事請け合いの組み合わせでござい。
100ポイントの大台に乗せた打ち手が3人もいるので(1人は体重)、
気を引き締めて対局へ臨みたいと思います。


それから土曜日には、数ヶ月ぶりの参加となる
RMU主催のワンデー大会・ヴィーナスカップ。
一発・裏無しのBルール、実は大好きなルールなのでね、
ちょっと今から優勝コメントを考えておきますわん。
うっかり下ネタとか混ぜたいよね!


そして、来週の日曜日には、Rリーグ第3節が行われます。
こちらは僕にとって、本割とも言える対局。
今は暫定3位と調子も良いので、
より順位をジャンプアップ出来るよう頑張りたいと思います。
目指すは2度目のリーグ制覇だッ!


…とまぁ、こんな風に久々の連戦モードとなるわけですが。
どの半荘も一打入魂の構えで戦いますので、
応援してもらえたら幸甚の極みであります。



●P.S.
リーグ21、試合の観戦画面を配信してくれる方を募集しています。
それと、リグレポの書き手も。
やってくれたら何かあげるよ(笑)!



| 仲川 翔 | ひとりごと | 09:57 | comments(2) | trackbacks(0) | -
これからクラウン

時間が取れたので、クラウン決勝を観戦しに
今から勝どきへ向かいます。

時間が時間だけに、終盤しか見れないだろうけど…。
自分があと一歩届かなかった場所で、
どのような戦いが繰り広げられているか。
この眼にしっかり焼き付けて来ようかと思います。

詳細はmixiのツイッター機能(ややこしいな)で書きますね。


↑ 何気に、マイミク募集しているよアピール



| 仲川 翔 | ひとりごと | 15:30 | comments(2) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ