仲川翔と愉快な仲間達

RMU所属麻雀プロ、実戦派研究会赤翔塾会長、
麻雀サークルFree Style顧問、法政大学麻雀同好会初代会長である仲川翔と、
その仲間達のブログです。
<< HOTEL宇宙船 | main | 空見合った >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
第2回ヴィーナスカップ 出場記




少し前の話になるが、6月28日、ヴィーナスカップに出場してきた。

今回のワンデーはBルール(一発裏カンドラなし)の大会なので
あまり一般受けはせず、ヘタしたらガラガラの大会になるんじゃないかな、
なんて危惧していたのだけれど…さにあらず。
蓋を開けてみれば、満卓にこそならなかったものの
それに近い72名ものご参加をいただいた。
ありがたやありがたや。
ここだけの話、予約メールは結構少なかったんですよね(笑)。


それはさておき。麻雀の話。

会場を見渡してみると、今回はBルールだからか、
競技的というか渋いというか、通好みな麻雀を打つ方が多そうに感じた。
それはなんとなくであって、
平均年齢が少し高いかな、くらいしか確証はなかったのだが…。
聞いたところによると、実際にアマチュアの競技会に参加している方や
別の大会で実績を出している方が多かったのだとか。

ううむ、負けてられんぞ。
そんな風にこっそり思いながら1回戦の席についた。


初戦。
開局早々、対面の親にリーヅモリンシャン、4,000オールを引かれる。
九筒のアンカンで当たり牌を引き寄せた形なので、
それを読みきって八萬を差し込んでおけば2,000点の失点で済んだのに…
なんて思うも、そんなんが出来たら今頃タイトル持ってるわな。

で、まあ。
それから対面のアガりが続いて、早くもダントツ態勢に。
持ち点は2万点を切り、暫定ラス目。
初戦からマイナススタートは正直避けたいところである。

だが、迎えた南場パツの、貰った配牌はこんな感じだった。

三萬四萬九萬一筒二筒八筒一索七索東西北發中 ドラ無し

これぞクズ配牌。
俺の人生みたいだ。

そんな風に思うも、簡単には諦めるわけにはいかない。
とりあえずアガりに向けて手を進めていくと…
どうやら自分のツモ筋は宝の山だったようで、字牌を引くこと引くこと。
西北中發の順に重なっていった。
そして、裸になって何が悪いと言わんばかりに
ポンポンスポポンと仕掛けていく。
小向美●子も真っ青、ストリップショウの始まりである。

で、あっと言う間に…

三萬 中中中横 發發横發 北横北北 西西横西 ドラ無し

裸単騎テンパイ!

それからほどなくして、上家からロン牌がこぼれ…

\(^O^)/ ご開帳!!!

3役ホンイツトイトイ、12,000をアガり切ることに成功する。
ルールの違いによって字牌の重要性が変わってくるのは周知の事実だと思うが、
ここまで字牌に感謝した手は久々だった。

しかし、見せ場はこれだけ。
あとはほぼ何も出来ないまま、結局2着まま。

(+8.0P)


初戦では僥倖のハネマンがアガれて2着になれたが、
2回戦は最初から最後までほぼ何も出来ず仕舞い。

ああ、チートイドラドラの勝負リーチを掛けたらアガれず、
678三色タンヤオのダマ親マンに打ち込んだりしたっけ…。

それでもなんとか展開ラスだけはまぬがれたいと思って、
5.800をトップ目から直撃するなど頑張ったんだけど…
結局、時間切れで南場の親が回ってこなかったりして。
23,200点のしょっぱい3着だった。
これで少しだけとはいえ借金生活に…。

(▲11.8P / トータル▲3.8P)



3回戦。
最終戦の条件を楽にするためにも、ここいらでトップが欲しいところだが…。
この半荘は手牌の伸びが良かった。

七筒八筒九筒九筒三索四索五索東東東 ロン六筒 四萬四萬横四萬 ドラ九筒

こんな3,900や、

一萬二萬三萬三萬四萬五萬七萬八萬五筒六筒七筒七索七索 ロン九萬 ドラ三萬

ダマで回してこんな5,800をアガりきることに成功。
ドラドラの手がアガれる時って大体勝てるよね。

そんなわけで、オーラスでは序盤に下家から親リーが来るも、
北家の僕は踏んばって二萬から仕掛け

五萬五萬七萬八萬二索三索四索 ロン六萬 北横北北 二萬横二萬二萬 ドラ七萬

このペイ・バック(主演 メル・ギブソン)をアガりきり、トップ死守。
どうにか最終戦へ望みを繋げた。

(+21.6P / トータル+17.8P)


そして、勝ち進むにはトップが必要となった予選最終戦。
ここではリーグ21でも一緒の、RMUアスリートの仲大底選手と同卓。
聞いたところ、本日ここまで絶好調、
3連勝してこの時点で暫定1位なんだとか。

ということはポイントがたんまりあるだろうから、ここでは無理はしてこないだろう。
さらにぶっちゃけた話、
何気に仲大底選手とは今までの対戦成績では相性が良いんだよね。

うむ、ほんのちょっと有利か?
そんな風に思いつつ対局を始めると…。

アガれねえアガれねえ。

そこそこの手のシャンテンになったりテンパイまでは行くのだが、
フィニッシュまで辿り着けない。

ノーホーラのまま南場へ進み、
ラス前に1人テンパイでマンツモトップといった所まで行くも…。
件の仲大底選手へタンヤオーイーペードラ1の巡目5,200を放銃し、
ゲームセット。

これで僕のヴィーナスカップは幕を閉じた。

(▲21.6P / トータル▲3.8P)


またしても、だ。
自身何度目かわからない、ワンデーの予選落ち。
テンション下がること山の如しである(この場合は谷か?)。

しかしながら、同卓した方々との感想戦も楽しかったし、
久し振りに会う人もたくさんいて。

「太ったね」とか、
「相変わらず下品なブログやってるね」などと言われもしたが。

良い1日だった。


さて次回のワンデーは、8月23日(日)のマーズカップ。
昨年は惜しくも準優勝だったので、今年はテッペンを獲りたいと思う。

この大会は業界でも珍しい、プロ団体が主催する
赤アリルールのプロアマ混合大会です。

皆さんどしどし参加してね。



| 仲川 翔 | 自戦記 | 13:42 | comments(4) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:42 | - | - | -
字牌4副露して裸単騎で12000て安っ\(+×+)/
| もじゃっもじゃ | 2009/07/09 3:47 PM |

>もじゃもじゃクラウン
俺はミニマムも追及していきたいんだよ!

…っていうのは冗談で、カリテンでまわしてたら出たのよね〜
ツイてるのかツイてないのかわかんねw
| 仲川 翔 | 2009/07/09 11:33 PM |

(*´~ω~`)
/つ ● ●)ポンポン
しー ▼ J


(*´~ω~`)
/つ    )スポポン
しー ω J
| G | 2009/07/09 11:37 PM |

<(^o^)> フカツフカツー  
( )
 \\

三 <(^o^)> フカツー
三 ( )
三 //


<(^o^)> 三 フカツー
( )  三
 \\   三


\    
(/o^) ポウッ!!!
( /
/ く
| 仲川 翔 | 2009/07/10 2:52 PM |










http://chunsan.jugem.jp/trackback/137
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ