仲川翔と愉快な仲間達

RMU所属麻雀プロ、実戦派研究会赤翔塾会長、
麻雀サークルFree Style顧問、法政大学麻雀同好会初代会長である仲川翔と、
その仲間達のブログです。
<< ONE DAY | main | 薬局へ行こうよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
それぞれの第3期クラウン 〜その2・宮田信弥の場合〜

こんにちは。RMUアスリートの宮田です。
11月29日に行われた「第3期クラウン」の予選に参加してきました。
昨年は本人もビックリの2次予選からというシード(※)だったのですが、
今年はそれもなく、普通に1次予選からのスタートです。

※昨年はOPLファイナリストにシードが与えられた

この日は、直前に進出を決めたOPLの決勝も控えているので、
こちらもできれば早いうちに本戦入りを決めておきたいと思って会場入りすると、
立会・運営として阿部プロ、多井プロ、藤中プロのライセンス選手の他、
前大会覇者の渡辺選手、日本オープンを制した山下選手などの姿も。
そんな中、代表の挨拶があり、試合が開始されました。

(以下敬称略)


■1回戦
上家に鈴木大成(RMU)がいる以外は一般の方2人。
起家スタートを引くも、4連続流局。
最初はどうにか連チャンしたが2本場で親を流し、
差し引きマイナス500点の滑り出し。

直後の東2局4本場、ドラのペン三索を引いて
ピンフ高目イーペーコーの両面2つのイーシャンテンからツモ切った七索が、

二筒三筒四筒三索三索六索八索中中中 八萬八萬横八萬 ドラ三索

鈴木の「5,200は6,400」に捕まる。

その後も、南2局で

四萬五萬六萬九萬九萬二筒三筒四筒六筒六筒六筒發發 ドラ三索

この5巡目リーチがなかなかアガれないばかりか、
メンツで使っている五萬四筒をツモっては下家にポンされて押された挙句、
掴んだ六索で下家の三索とのスジシャンポンに捕まって
タンヤオドラ2の5,800に放銃など、まるでいいところがない。

最後までこの調子で浮上のきっかけすらないままダンラスで迎えたオーラス、

七萬七萬一索一索一索北北 南横南南 四筒四筒横四筒 ドラ無し

ハネツモでやっと3着なので、無理をせずに少しでも多く素点を回復するための
トイトイ仕掛けなのだが、成就せずに終了。
半荘通じてのアガリが、南場の親番での1,500の一度だけではどうしようもない。

(▲34.4)


■2回戦
早くも後がない感が漂う中移動すると、
待っていたのは下家に深谷、上家に真弓というRMU所属の2人。

またも連続流局スタートで、
罰符で2,500削られて迎えたリー棒2本付きの東1局2本場、

四萬六萬一筒一筒四筒六筒七筒八筒四索五索六索發發 ドラ無し

まだ3巡目、じっくり構えるなら三色の可能性もあるが、
ここは夢を見ず、發イチ鳴きのポンテンを取る。
すると、すぐに三萬を引いて両面に振り変わり、二萬ツモで

『300,500は500,700』(+2,000)

で失点を回復。

この半荘、東1局含めて深谷から5回リーチ掛かったのだが、

『ツモ、400,700』
↑ 深谷のリーチ2巡前からテンパイしていたピンフが、その現物待ちになった

『ロン、1,000』
↑ 深谷のリーチ直前に入れたクイタンが現物待ちですぐに出た

相手の攻撃を2回蹴るなど、
リーチ一発ツモによる「1300,2600」が一度あった以外
全部不発に終わらせることができたおかげで、
オーラスの親番を迎えた時点で深谷に1,900、
真弓に3,100差をつけたトップ目。

そのオーラスも相変わらず手が遅い中、真弓がドラの六筒を切ってリーチ。
満貫ツモられだと3着まで落ちるので、
少しでも確率を下げるべく一発消しがてらこれを
二筒四筒五筒七筒の形からカンチャンで鳴く。
通りそうな雀頭の九索を落とし、いったんはクイタンに向かう態勢を取ったが、
深谷が目に見えて降りていたので、
危険牌を掴んだところで合わせ気味に進め、最後はベタオリ。

結果、真弓はツモれず、流局で終了。
鳴きによって結果的にアガり牌を食い下げた形になっていたのは
ラッキーだったが、「真弓リーチ&深谷ノーテン」であれば、
自分がノーテンでトップになることは織り込み済み。
原点から2,000点弱の浮きでトップを取ったことは記憶にあるが、
3回のアガリがいずれも2,000点未満でトップを取れたのは初めてのような気が。

(+16.7/トータル▲17.7)


■3回戦
下家に吉倉(協会)、対面に北島(RMU)がいる中、ほぼトップ条件の最終戦。
起家に決まって配牌を取ると、
ダブ東がアンコでドラの七索が1枚あるなかなかの好配牌。
さらに、5巡目の上家のチーによりドラが重なる。

三萬七萬一筒二筒六筒七筒三索四索五索七索東東東 ツモ七索 ドラ七索

普通はピンズのペンチャンを外してマンズのくっつきを考えたいところだが、
上家のソウズ仕掛けを含め、あまりにピンズが場に安いので、
上家からの仕掛けも考慮して七萬切り。
結局、先に五筒が入ってペン三筒テンパイとなる。
ペンチャンを払っていると1巡遅れて五萬八萬待ちの形になっていたが、
すぐに吉倉から三筒が出て12,000。
その後、吉倉のリーチをかいくぐってのアガリもあり、1人浮きの状態で南入。

南1局に

一筒一筒二筒三筒四筒六筒七筒西北北 七筒横八筒九筒 ドラ一筒

第1打に切っている北を重ねていて、
フリテンにならなければいいなと思っていた所に北が出たので、これをポンテン。
すると勝負に来た北島から八筒が出て、ダメ押しの12,000をアガる。

その後、南2局で3巡目の3メンチャンリーチをかわされ、
南3局には北島に4,000オールをツモられて少しもつれるが、
1本場で上家から1,300は1,600をアガって、自力で流す。
オーラスは3着に上がった吉倉が、
5巡目くらいにあっさりダマのピンフをツモって終局。

(+34.0/+16.3)


なんとか1次予選を通過し、15時から始まる2次予選に進出。

食事をして戻ってくると、仲川君とすれ違い、
軽く話した後に卓割表を見て移動しました。



■1回戦
対面に1次予選と連続しての吉倉(協会)、下家に村本(RMU)という組み合わせ。

1次予選前半を彷彿とさせるような小場で進み、
一時は28,000くらいでラス目なんていうこともありつつ、
なんとか原点付近の3着目で迎えたラス前。

四筒五筒六筒三索五索七索七索八索八索九索 發發發横 ドラ五索

九索が枯れたので、イーシャンテンから發を鳴いて一索を切り、
このイーシャンテンに渡る。
ここに七索を引いて九索切りテンパイ、
八索が出たのでポンして三索を切って待ちを変えると、
上家から望外のドラがこぼれて5,200のアガリになり、微差ながらトップ目に。

しかしオーラス、親の村本による2,000オールツモでマクられる。
そして7,100差となった1本場の配牌。

三萬五萬二筒三筒四筒五筒七筒七筒七筒九筒二索五索西 ツモ三筒 ドラ西

ホンイツか345の三色かなと思って二索を切ったが、
次巡白を引いたところでホンイツ一本に決める。
当初は、手が進む牌が出たら鳴こうと考えていたが、
1枚もこぼれない間にツモが利いて、9巡目に

二筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒七筒八筒八筒九筒西 ツモ三筒 ドラ西

このテンパイし、ドラを切る。
対局後に振り返ってみたが、三筒七筒以外のピンズが入っても
待ちが悪いかテンパイしないかのどちらかなので、
この三筒ツモにかなり助けられたと思う。

で、3巡後、

『ツモ、4,100、8,100』

二筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒七筒七筒八筒八筒九筒 ツモ九筒 ドラ西

小場だったところから一気に5万点弱のトップになり、
1次予選とは異なる相当な追い風を感じた。

(+34.2)


■2回戦
上家に小杉(RMU)がいる以外は、一般の方が2人という組み合わせ。
北家スタートで、1飜の手しかアガれる形にならないが、
初戦の貯蓄があるため、
それはそれで良しと無理なリーチをせずにアガリを拾って局を潰す。

東ラス、1人テンパイ後の1本場、3巡目に

三萬三萬七萬七萬八萬三筒四筒一索二索三索七索八索九索 ドラ二萬

この形で八萬をツモ切り、次巡九萬引いてテンパイ。
またしても1飜手だが、今度は親で巡目が早いということでリーチすると、
2巡後、対面にドラを切って追っかけられる。
私の河にマンズの上がバラバラ並び、対面もソウズをバラバラ切るなど、
対面もピンズ以外の待ち候補がほとんど残っていないと思える状況の中、
やっと14巡目に五筒を引き、

『ツモ、1,300は1,400オール』

裏は乗らなかったが、前局のテンパイ料を含め、
そこそこのリードを奪う事に成功した。

そんな調子で局が進むが、
南2局に小杉が役牌のドラをポンしての8000を対面から、
ラス前にチートイドラ2の9,600を下家からアガったことで逆転される。

続く1本場を軽く流して1,900差に詰めて迎えたオーラス。
3着目とは2万点以上、ラス目とは3万点以上の差があり、
マクられる可能性が低いのでトップ目指して手組を進めていたが、
10巡目くらいにラス目の対面が九筒切ってリーチ。
で、まわしながらテンパイを入れ、

四萬四萬五萬五萬五萬三筒四筒五筒七筒七筒五索六索七索 ドラ六筒

この形でテンパイを維持していたが、最後のツモでドラの六筒を引いてくる。

まわしている途中で二筒八筒九筒あたりを切っていて、
受け方によっては上がれていた牌であることもさることながら、
テンパイを維持するために切らなければならない三筒六筒七筒あたりは
リーチに通っておらず、ラス目のリーチという状況を考えれば、
最低でもラス抜けできる満貫はあるだろうから、
勝負に行った牌で放銃になった場合、失点は結構高いだろう。

さらに、仮に通ってテンパイ連チャンしてもトップが確定するわけでもなく、
万が一のアクシデントだってないわけではない。
そもそも自身の状況を考えれば危険を冒してまで欲しいトップではないので、
通っているソウズを抜いて降りることに。

結局、対面が海底で一索(ドラとのシャンポン待ち)をツモ、
裏1でハネ満をカブるも2着のまま終了。

(+12.9/トータル+47.1)


■3回戦
下家に永田プロ(最高位戦)、上家に伊藤(RMU)が座り、北家スタート。
こういう時のラス親は条件に合わせられるのでありがたい。

条件的にはラスでもハコさえ割らなければ通過なのだが…
ここで、久々に?悪い癖が。
2回戦はほとんど本手が来なかったので、
結果的に捌いてばかりになるのも仕方なかったのだが、
3回戦になっても局を潰すことばかり変に意識しすぎてしまう。
いきなりの東1局、西家の伊藤のリーチに対して
チーしてツモをまわそうとした結果、永田に2,600オールをツモられる。

その後、

二萬三萬四萬六萬四筒五筒六筒三索三索四索六索七索八索 ドラ七筒

こんな感じの早いタンピン形のイーシャンテンに
ツモ七萬でテンパイしたのをダマテンにしてしまい、
次巡ツモ切った瞬間に(あれ、これリーチじゃないのか?)
と考え直すも時既に遅く、直後に八萬ツモ。

『ツモ、700,1,300』

「ああいうのはリーチした方がいいよね」
局後、観戦していた多井プロから言われました。

なんか、見えない影にビクつき過ぎてしまっているのが、
自分でも分かっていて…。

思い起こせばもう7年位前。
初めて出た大きな大会で似たような状況で迎えた3戦目に、
親で早い巡目のピンフのみをテンパイし、
それをダマに構えて1,500はアガったけど、
それ以外はひたすら削られて結局ハコラスになり補欠まで落ちたという
(結局繰り上がったけど)苦い思い出がありまして。

もちろん、その頃に比べれば実力も上がっていると思うし、
他者のケアもできるようになってはいるから、
これがミスだとしてもそれによる振り幅は小さくなっていると思うのですが。

そこから自覚して立て直そうとするも、結局踏み込めないまま。
伊藤のホンイツ気配に対し、
中を鳴かれた瞬間に掴んだ生牌の發白も生牌)を
当たる確率は低いと思いつつも
ピンフのイーシャンテンから押せないといったように、ただリスクを避けるだけ。
結果的な話をすると、伊藤は白アンコの北単騎で發は無かったのですが。

もっとも、実際に捌きに行こうとして親の対面からリーチが入り、
変則(国士模様)捨牌で伊藤が無筋を切って押していたので
そっちもケアしつつ降りていたら、流局して開かれた手牌が、
リーチ:六索九索の両面待ち
伊藤:九索待ちの国士
なんていう、本物のリスクもあるにはあったのですが…
(リーチ後、手中に九索が1枚流れてきた)。

結局、時間いっぱいまでラス前の親の伊藤が粘り、6本場で最終局。
この時点で17,700持ちのラス目ということで、念のため条件を再確認する。

ここまで+47.1ってことは、ここで親にハネ満放銃だと、
17,700−18,000−1,800=−2,100
だから、順位ウマを合わせたら▲47.1…あれ、これだとちょうど±0だから通過か。

というわけで、倍満以上放銃しなければいいという状態。
永田は数牌のバラ切りから入っているが、
条件が分からないのもあいまって、国士を狙っているという疑念を消せない。
そんな中、

四萬五萬四筒五筒五筒五筒七索七索八索八索九索北 ツモ四筒 ドラ無し

でテンパイ。
三萬六萬は両脇の2人が合わせて3、4枚切っているが、まぁダマなら出るだろう。
これを今さらリーチして、ツモって裏1でラス抜け、
という思考になっていないばかりか、北を切るのすらおっかなびっくり。
あとから永田に確認したら、
もう確定していたことによる配牌オリ模様だったらしい。

最後は伊藤から三萬が出て、
対面も「ロン」と発声するも頭ハネでこちらのアガリに。

『1,300は3,100』

通過を決めるラス確で終了。

(▲24.2/トータル+22.9)


とりあえず、『3年連続で本戦進出』という目標は果たせました。


久しぶりに顔をのぞかせた悪癖については今後解消しないといけない課題として、
これからの対局へも全力を注ぐつもりです。


| 宮田 信弥 | 自戦記 | 14:22 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:22 | - | - | -
この「プラマイゼロ以上が通過」って条件、
意識し過ぎるとホント麻雀がゆがみますよね…w
| 仲川 翔 | 2009/12/16 12:46 PM |

おれ、ヒルさんと当たってないぞよ?
| 杉さん | 2009/12/16 12:48 PM |










http://chunsan.jugem.jp/trackback/172
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ