仲川翔と愉快な仲間達

RMU所属麻雀プロ、実戦派研究会赤翔塾会長、
麻雀サークルFree Style顧問、法政大学麻雀同好会初代会長である仲川翔と、
その仲間達のブログです。
<< 乾いてしまうのは寂しいね | main | これからクラウン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
2009年度後期Rリーグ R1第4節自戦記

日曜、リーグ戦の第4節を戦ってきた。

自分はそれまで、▲35ポイントの5位。
前節、加点するどころか沈みで終わってしまったため、
クライマックスリーグ(以下、CL)進出の2位まで
大分遠くなってしまって。

その差はなんと、100ポイント以上。

なので、とりあえずというか何と言うか、
今節で少なくともプラス転向くらいはしておきたい所である。

今回の相手は、佐竹プロ・壽乃田プロ・山田プロというベテラン3人。
それぞれがCLや降級に近い位置につけており、
リラックスしているように見せつつも、鬼のような気迫が感じられた。

おっしゃ、ワシも負けてられん。
いっちょやったるでー!

そう意気込みながら、自分も着卓した。


だが、最初の2半荘を終えて3・3着、不完全燃焼な形に終わる。
と言うのも、その2回とも壽乃田プロがトップで、
2着目の自分が山田プロにオーラスでマクられる格好だったのだ。
何とも具合が悪い。

五萬六萬七萬五筒二索二索二索三索四索五索六索七索九索 ツモ三索 ドラ五萬

ある局の7巡目、このカン八索テンパイから、打点を求めてツモ切り。
その数巡後に四筒を引いて満貫確定リーチと出る。
だが、2巡目に八索を引いてアガり逃しをした挙句、
ラス目から追っかけリーチが入って満貫放銃をするとかね。
ちょっと運気がくすぶりモードだった。
メンタンピンドラ1の高目三色リーチに安目の牌で打ち込んだので、
助かったと言えば助かったのだけど…。

これはイカンですよ。
このままじゃ…自分も降級争いに加わってしまいますぞー!!


そう気合いを入れて臨んだ3戦目。
ここで自分は、引いてはいけないラスを引いてしまう。

うん、やっちゃったね。
今思えば、明らかに気合いが空振りした半荘だったように思う。

先手を取られても粘って形テンを入れたり、
戦略的に仕掛けて出たのが功を奏し、
テンパイ料を細かく稼いで途中まで好位置にいたのだが…。
南場に入って勝負所を見誤り、親に致命打を打ってしまったのだ。

それ以後、この半荘は好転することは無く、ズブズブのラス。
これで3半荘終了時に約30ポイントのマイナスだ。


でも正直、このラスで火がついた。

最後の休憩時間に、エロい事を考えながらテンションを上げて、
8万点8万点…とぶつぶつ呟く。
傍から見れば、ちょっとした異常者に見えただろう。

しかしながら、こういう闘志メラメラモードに入った自分は、
きっと何かをやらかしてくれる筈。
根拠は無いが、何となくそう思った。
昔から、そんなクセというか、感覚があるのだ。

てなわけで。
起家を引いた僕は、いきなり確変に突入。

「ロン、12,000!」

七萬七萬八萬八萬四筒四筒四筒三索四索五索 ロン七萬 ポン六索六索横六索 ドラ四筒

「リーチ…ツモ、3,200は3,300オール!」

二萬二萬九萬九萬四筒四筒九筒九筒六索六索七索西西 ツモ七索 ドラ無し

「ツモォ!6,000は6,200オール!!」

四萬五萬七萬七萬七萬五筒五筒 ツモ三萬 八索八索横八索八索 發發發横
ドラ七萬 五筒
※牌画の仕様上やむなく上のように表記したけど、ホントは加えカンです

同卓者が「またかよ」という顔をするのに快感を覚えつつ
高手をアガリ倒し、序盤にして超ダントツ。
途中で対面の佐竹プロに連チャンされ4本場まで積まれるが、
南場の親でさらにリーヅモ三色の満貫をツモるなどして、さらに加点する。

終盤にも変わらず手が入ったため、
調子コイて攻め続けたら、ラス前、オーラスと連続で
高打点の手に打ち込むというハプニングもあったものの。
終わってみれば、8万点にほど近い大トップ。

この最終半荘により、3戦目までのマイナスを帳消しにするどころか、
この日のトータルでも+26.9の卓内トップという良い形で
4節目の幕を閉じる事が出来た。


【R1 第4節終了時】
順位 氏名 Total 第1節 第2節 第3節 第4節
1 谷井 茂文 +166.6 +14.3 +38.6 +74.4 +39.3
2 江澤 陽一 +88.5 +21.7 +31.6 +21.0 +14.1
3 山田 田 +19.4 +40.6 ▲50.5 +55.3 ▲26.0
4 仲川 翔 ▲7.7 ▲56.9 +36.5 ▲14.2 +26.9
5 飯島 健太郎 ▲18.6 +65.8 ▲24.6 +26.1 ▲85.9
6 佐竹 孝司 ▲64.0 ▲22.4 +64.8 ▲81.5 ▲24.9
7 鈴木 智憲 ▲72.9 ▲5.4 ▲47.7 ▲48.2 +28.4
8 壽乃田 源人 ▲116.3 ▲57.7 ▲48.7 ▲33.9 +24.0
上位2名がクライマックスリーグへ進出、下位1名が降級


今節の内容も、当然ながら満足するものではなかった。
最後の半荘に大叩き出来たから良かったが、
相変わらず、要所要所で気を抜いてミスしてしまい、
着を落とすという悪い癖が抜け切れていないしね。

それでも、今現在は若干のマイナスながら、暫定4位。

これまで、7で始まった順位を毎節1つずつ上げてきた格好だが、
次の最終節で、最低でもCLに行ける2まで華麗にジャンプアップしたい。



| 仲川 翔 | 自戦記 | 00:14 | comments(3) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:14 | - | - | -
最近、貴男の麻雀を見させてもらってないので、是非
また見させて下さい。
麻雀はやはり、負けん気の強さが必要だね。
| ゲン | 2010/01/22 6:09 PM |

過程は全然違うけど、なんだか似たようなポジションですね(笑)
最終節、お互い頑張りましょ。
| ヒル | 2010/01/23 12:24 AM |

>玄ちゃん
久しいね。
相変わらずOLさんにセクハラしてんの?w
麻雀は、その気になればいつでも見れるかんね、気軽に声掛けてちょうだい。


>ヒルさん
ぼかぁヒルさんとR1で戦える日を楽しみに待ってますかんね。
お互い頑張りまっしょう。
| 仲川 翔 | 2010/01/24 3:22 PM |










http://chunsan.jugem.jp/trackback/187
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ